ふるさと納税新規サイト2017 人気の返礼品はお早めに

ふるさと納税は11月末で返礼品が終了もあり。返礼品と新規サイトを紹介。今なら間に合う!

海鮮盛

 

 

ふるさと納税は、自分で税金の使い道を決められる唯一の納税です。

 

めんどくさい、よく仕組みがわからない方も「楽天ふるさと納税」ならカンタンです!

 

お買い物と同じ感覚で、できます。

 

☆楽天ふるさと納税2017人気返礼品ランキングはコチラ☆

 

 

⇒ふるさと納税限度額計算はコチラ      ⇒ふるさと納税今年はじめての方はコチラ

 

ご自分の限度額を利用して、2000円負担で欲しい返礼品を申し込みましょう。
11月中なら、パソコンなど人気商品も間に合います。

 

そして、ご自分の所得税、個人住民税をしっかりと還付できるようにしましょう!

 


年収500万円、妻(専業主婦)、子ども1人(中学生以下)のサラリーマンなら52000円分の寄付が2000円負担でできます。約17000円分の食費が約10分の入力で助かります?

 

 

 

サクランボ

 

山形牛、新米、ラ・フランスなど農産物の返礼品はこちら⇒山形県東根市

 

 

 

 

 

11月以降になくなりそうな返礼品(大阪府泉佐野市・自転車、宝石など)もあります。

 

泉佐野市の豊富な返礼品はこちら⇒大阪府泉佐野市

 

 

 

 

S091 【ふるさと納税】 アルミクロスバイク ラドュール21段変速700C(ブラック)自転車

 

 

 

楽天ふるさと納税は便利です

 

ふるさと納税するなら、まずは楽天がお得です。

 

  • 還付金+楽天ポイントが貯まる
  • 楽天会員であれば、申し込みが簡単
  • 自治体、返礼品が豊富
  • クレジットカードもOK

 

☆楽天ふるさと納税2017人気返礼品ランキングはコチラ☆

 

 

 

 

 

今年新設された「ふるさと納税サイト」も紹介します。

 

 

返礼品を紹介するだけでなく、各地の特色にスポットを当てたり、復興支援に力を入れたりしています。

 

 

サイト名

特徴

ふるり

返礼品もユニーク。体験型も多いので、このサイトでしか得られない価値がある。自治体のトピックスや魅力も伝えるサイト

noma-style.com

ファッションブランド、日用ブランド雑貨で福島県南相馬市を支援するサイト。すぐに品切れするので登録だけ先に済ませたい。

ふるさとプレミアム

飛行機の搭乗券から腕時計、自転車、特産品まで地域を限定したサイト。10月中に返礼品は確保したい。

 

 

 

ふるさと納税ポイント

 

住民税や所得税が控除できるは12月末までです。

 

お得なのはわかっているけど、「めんどくさい」がやらない一番の理由です。
でも、10分だけ、時間を割いてみませんか?

 

10分で数万円、税金が控除される仕組みはこれだけです。

 

ふるさと納税すると

  • 所得の限度額まで税金の控除が受けられる
  • さまざまなブランド品がもらえる
  •  

  • 復興支援ができる

 

ふるさと納税流れ

 

手続きはカンタン

 

  1. サイトから特産品、ブランド品を選択、登録
  2. 申請書を送る
  3. ノンストップ特別制度を使えば、確定申告も不要
  4. サラリーマンのように確定申告の必要のない給与所得者であれば、5自治体まで簡単な申請書を送るだけで税金控除が受けられます。

 

 

ふるさと納税を聞いたことのない人はほとんどいませんが、意外と利用者はまだ2割と少ないです。
利用した額は2016年度で約2844億円で前年の1.8倍です。今年はさらに増えるでしょう。

 

ふるさと納税推移

 

増えている一番の理由は、返礼品の充実です。
しかし、欲しいもの、人気商品は12月まで、残っていません。税金の使い道を考える意味でも、ふるさと納税は使ってみましょう。

 

返礼品目的でなく、復興支援でもいいと思います。

 

私も、昨年はじめてふるさと納税を6万円使いました。2000円の負担でお米、肉、お茶など4万円相当もらいました。

 

一度やったらやめられないのが、ふるさと納税です。給与所得者であれば、ワンストップ特例も使えて、確定申告もありません。

 

人よりも早く登録して、お気に入り返礼品をゲットしましょう。

 

登録されていない人は登録して申し込んでください。年収600万円の家族4人のサラリーマンで約7万円お得になります。

 

 

返礼品が変更する理由

 

今年4月、ふるさと納税返礼率が5割から3割への変更報道がありました。

 

その結果、各自治体でも対応に追われました。

 

すでに資産性の高いもの、家電や嗜好品など、高額返礼品がなくなったり、これから変わります。

 

まださほど盛り上がっていないふるさと納税ですが、実は賢い方は10月ぐらいまでに、お気に入りの返礼品を申し込みしています。

 

たとえば、5万円使える枠があれば8割がた、申し込んでおくのです。
12月の年末調整時に年収が確定するので、最終的に負担金が2000円になるように調節します。

 

 

 

ふるさと納税の今後

 

野田聖子総務大臣が就任して「自治体に任せるのが当然」となりましたが、衆議院選挙の結果次第では、また変わる可能性もあります。

 

今あるものは、今のうちにお得に利用するのが原則です。

 

ふるさと納税新規、楽天サイトまとめ

 

 

 

☆2017年新規ふるさと納税サイト+楽天☆

 

サイト

売れ筋商品

ふるさとプレミアム

東根市「腕時計」、泉佐野市「ポイント交換」、庄内町「新米」

ふるり

三浦市「大トロ」、富岡市「シルク」、上士幌町「和牛」、岩倉市「完熟トマト」など

noma-style.com

ジェラードピケ、ル・クルーゼ、シップス、コールマン、などファッションブランド

楽天ふるさと納税

楽天お買い物感覚でふるさと納税できます。おまけに楽天ポイントも獲得できます。